憧れの英国生活*

YMS2017後期 @Cambridge / 英大学院 MSc @St. Andrews

はやり病はやはりやばい。

f:id:Lily_0620:20210701055010j:image

こんにちは。

 

今月は外山滋比古さんに倣って、思いっきりお昼寝する生活にしたら、体調もメンタルもガッタガタになりました。外山さんが伝えたかった事はこれじゃないだろうと思うので、もう止めます。笑

 

気づけば明日から7月。

先月のざわざわに追い討ちかけるように色々あって、今月は悲惨でした。

 

それでも毎日研究室に行って、没頭できる作業があることが救いです。着々とデータ集めすぎて先生に褒められたけど考察が追いつかなさすぎる。笑

 

ふと、1人になってどこか遠くにいきたい・・と思い、急遽スカイ島へドライブしてきましたー!

ひとりになりたかったのに、なぜかフラットメイトが全員ちゃっかりついてきたけど。仲良し。笑 まぁ、わちゃわちゃして楽しかったし、1人だったらあの岬で飛び降りてたかもなと思うのでまぁ良いでしょう。

 

スカイ島、すっごく綺麗でした。

大自然で、アイスランドに少し似ている感じ。道中を歩く羊の群れを優先しながら、車一台分の車幅の道を譲り合いながら、のんびり運転して、景色が綺麗なところや寄ってみたいお店など、停まりたいところで停まって、灯台や滝を見るためにいっぱい歩いて、美味しい海鮮を食べて・・エネルギーを補充しました。

卒論研究忙しいけど、これは必要な時間だったと思います。(言い聞かせる)

次の日からのラボワークなんか朝からワクワクしちゃって。スキップ気味に研究室へ。

 

放置していたサンプルに結晶ができていてテンション上がりました。先生も感動してた。

あと、先生がオンラインで学会に出たのでプレゼンをみていたら、私の研究途中のデータや写真を使っていてくれたのがめちゃめちゃ嬉しかった。へへへ

 

そして先週は友人誕生日だったのでエディンバラへ。

ちょうどラグビーの日本代表と4年に一度だけ結成するUKのチームとの対戦が行われる日だったらしく、サポーターがたくさんいました!!!やはり日本のサポーターが少なく、日本のユニフォーム着てる人には無条件に声かけていきました笑

街をゆっくり歩きながらいろんなご飯を食べて、バブルティーも飲んで、大満足!

で、みんなはそのままエディンバラで宿泊したのですが、私は来週ケンブリッジに行く予定があったので寮に帰宅したのですが、そこから体調を大きく崩しました。

 

最初は飲みすぎかな、食あたりかな、疲れているのかな、と思っていたのですが、昨日からついに喉の痛み、咳が出始め・・研究室のお休みをもらい、さっさとPCR検査を受けにいきました。

 

というのも、先週末に化学科棟で感染者が出て、NMR室が封鎖になるという、有機系の人たちには大打撃の事態に。

私の所属している研究グループは無機系ですが学科内では一番大きく、その情報の発表の後にかなり厳重注意のお知らせがきて。さらに、私は様々な分析機器を使うためにいろんな部屋に行き来しているので、もし私がコロナにかかったとなれば大惨事。

この時期卒論やPhDの中間発表などでみんな忙しいのでそんなことになっては殺される。。

 

・・そんな不安の中の検査結果は陰性でした!よかったー。本当によかった。

 

最近毎日のように、朝から研究室→夜遅くまで飲むを繰り返し、夜は特に誘ってもらうが多くでハシゴとかして、土日は全力で遊んで・・という繰り返しだったので、いつの間にか身体に負担がかかっていたのかもしれません。

メンタル的にも勉強しなきゃ、解析しなきゃと思いつつ、でもみんなと過ごせるのもあと2ヶ月・・とか、卒業後はどうしようかなとか思いつつ、いろんなことから逃げるように遊んでいたので、それも良くなかったかな。。

 

今日もフラットメイトたちとケーキを作る約束をしていましたが、風邪を引いたので断ったら、スタミナスープを作って持って来てくれました。感動。

PCRは陰性だったよ!と伝えると、そんなこと心配してないよ、普通にゆりの体調を心配してるよって言ってくれてさらに感動。

(1か月前くらいに彼らが風邪を引いた時、コロナ大丈夫かなと一瞬保身に走った自分が恥ずかしい。)

その後一気に友人間に広まったらしく、たくさんメッセージをもらいました。ただの風邪でこんなに優しくされるとは。笑

 

 

そんな、慌ただしい6月でした!

元気になってまた勉強も遊びも全力でやっていきたいものです。

 

あー、うどんが食べたいな〜。

そういえば福岡の人と結婚した東京の友人らが、九州のうどんだけは受け入れられないって言って怒ってた。なんであんなにクッタクタなのかと。ラーメンはバリカタとかなのに、うどんはコシすらないと。それが当たり前の九州女の私からしたら、言われてみれば、でした。

どうりで丸亀製麺のうどんはモキュモキュしているわけだ。

でも今はとにかく、あのうどんが食べたい。笑

 

とりあえず寝ます。では。

 

  

 

 

夕凪の中で。

f:id:Lily_0620:20210528072426j:image
こんにちは。

 

この間メイディップに参加した気分ですが、気付けば5月も終わりかけ!

メイディップというのは大学のイベントです。5月中旬から始まる試験がうまく行くように、と5月1日の朝日が昇るのと同時に海に飛び込むのです。

今年度初めての学校のイベントに参加できてよかった・・!

前日の夜からみんなでビーチへ行き、焚き火をしながら朝日が登るのを待ちました。

綺麗な星空の中で海の音を聞きながら、ボーっと火を眺めて、いろんな(ちょっと難しい)話をして過ごした時間は、いい思い出になりました。

 

日の出の時間が近づくにつれて想像以上にたくさんの学生が集まり、この街にこんなにいたんだ!!とびっくり。そして次々に海に飛び込んでゆく若者たち・・

足だけ海に浸けてガタガタ震えながら写真を取り、さっさと火元に戻り暖をとる我々。クッタクタに疲れて、部屋に帰ってそのまま寝てしまって。その結果部屋中がスモーキーに・・。笑 1週間くらいずっと洗濯していました。

終始わちゃわちゃして、本当に学生のようで楽しかったです。

 

そんな願掛けをした試験は・・うーん・・。どうなることやら、です。

2週間くらいですかね。文系のフラットメイトたちが遊んだり旅行している中、ほぼずーっと部屋にこもっていたかな。

 

ただ、その反動なのか、試験が終わってからのこの1週間が濃厚すぎて、試験後に泣きそうになりながら推定点数を計算していたことがもうずっと過去のことのよう。

試験の後に何回もブログ書こうとしていましたが、ありがたいことに日々いろんな人に誘ってもらい、更新されていく思い出。笑 やっと、今日こそは仕上げるぞという想いで今書いています。

 

まず試験が終わった日に、いつも集まるメンバーで打ち上げを。そしたら誰かが「明日エディンバラ行こう〜」って言い始めて観光のチケットを探し、また誰かが「みんなで泊まろ〜」なんていい始めてホテルを探し・・試験後にゆっくり休むことなく急遽旅行に行ってきましたー!

6人というまぁまぁ大所帯でしたが色んなところを周ったり、美味しいお酒とご飯を食べて、夜に散歩をしたり朝まで話したり、終始楽しく過ごすことができました。帰ってきた後も餃子パーティー。みんなも私も元気すぎる。

 

その次の日ももなんだかんだでみんなでパブに飲みに行き、満ち潮の迫り来る中また焚き火をして。全身スモーキーでヘロヘロになって帰ってきて、次の日も隣町へのお買い物に誘ってもらい、行ってきました。友人が手のひらくらい大きな牡蠣を買ってくれて、みんなでワインとともにいただきました。とっっても美味しかった。

 

 

あ、そしてラボワーク再開。

先生は相変わらず優しいし、ラボメンバーとも久しぶりに直接会ってくだらない話をしてたくさん笑って。今日も午後からみんなで海に行って水切りしたりタピオカミルクティー飲んだり。

そういえば1ヶ月くらい前に提出した実験レポートについて、かなり自覚のあるくらいひどいものを提出したのにも関わらず先生からのFeed backは泣けてくるくらい優しかった。夏のプロジェクトも頑張れそう。

 

そして一番大切なのは!念願の!!ウィリアム王子とキャサリン妃を生で見ることができました!!!!

大学に来ることは知っていたのですが、ラボがあるので諦め・・でも乾燥待ち時間にスーパーへ行って、ダメもとでついでにぐるっと自転車で回ってみたら、人集りがあったので迷わず参加。笑

たまたま居合わせた友人や日本人の学生と、一緒に走ったり、その後も興奮を共有できて楽しかったです。キャサリン妃が目の前で車から手を振ってくれたのは本当に嬉しかった〜。美しかった〜。一生の思い出!

 

さらに、その友人らと一緒にゴルフにも初挑戦。

初ゴルフがオールドコース(の近くの打ちっ放し)ってかなり貴重な体験。

天気も良くて、ポーンと打てるときは気持ちよかったです。ストレス解消になるしハマりそう。

 

そしてまた夜はお酒を・・休肝日を作らねば。と言いつつ、毎日いろんな友人に会って話ができるのが嬉しい。超絶充実している。そんな感じで毎日クッタクタに疲れているのですが、ずっとこれが続けばいいのにと思います。今が一番楽しいかも。ちょっとダサくいうと、日々青春っぽい。茶道で習った本当の意味での一期一会。みんなでここで同じ時間を過ごせるのも後3ヶ月で。1日1日を大切に、大好きな人たちと全力で過ごしてゆきたいところ。

 

あ、でも今、実は、ちょっと何もうまくいかないことが次々と重なっていたりして。

でもこれは自分ではどうしようもないことばかりなので、受け入れてなるべくじっとして、自分にできることだけを調べたり相談したりしているところです。

まぁ基本的に私は運が良いので、なるようになるでしょう。

 

ザッと、そんな感じですかね。

授業がないからラボワークのことだけを考えていられるって幸せだ〜。

 

では。

 

 

かもめは哀しからずや・・?

f:id:Lily_0620:20210415082811j:image
こんにちは。

 

4月になって、友人らとお花見をしたのも束の間、急に雪が連日降ったりして、なんだか不思議な4月を過ごしております。

それでも午前中は天気がいいことが多く、研究室までの道のりを歩くのが気持ちいい。

突き抜けるような青い空とそれを反射してるかのような碧い海に、真っ白いカモメがよく映えます。

ウユニ塩湖にまた行きたいな〜。

 

 

さて、先日の日曜日に最後のエッセイを提出して、これでエッセイストも終わり。

もうちょっと頑張れば良かったなと思いつつ、あれがあの時の精一杯だったなとも思う。前期に提出したものよりは確実に良い、はず。

トピックとして、触媒の歴史か、ベンゼンからフェノールを作る夢の合成法か、人工光合成か・・ギリギリまで悩んで、自分のプロジェクトと関連づけられる人工光合成について書きました。

調べれば調べるほど、日本しか力を入れてないんじゃないかってほどリファレンス欄が日本人の名前だらけに。笑

でも、ホンダ・フジシマ効果然り、有機合成でよく出てくる鈴木・宮浦カップリング然り、日本人の名前がついているのを見かけるのは嬉しい。そこには日本人が化学で活躍していた時代が確実にあった訳で。日本人として、なんとも誇らしい気分になります。

 

そうだ、エッセイの2日前にプレゼンもありました。

その1週間前に研究室のメンバーの前で練習させてもらう機会を作っていただき、ヒーヒー言いながら資料を作っていました。

そこでは10分のプレゼンがまさかの20分になるというボロボロな状態で笑。

先生をはじめみんなに優しいサポートをしていただき、当日はなんとかなりました。他の生徒のプレゼンから学ぶ点も多く、次回(無いけど)があれば、もっとうまくできるはず。

そのあとすぐ先生から連絡が来て、前回より断然よかったよ〜といって事細かに良かった部分を説明してくれて、とても嬉しかったです。

この先生のこういうところ、大好き。結晶が初めてうまくできた時も私以上に喜んでくれたり。いつも楽しそうに色々アドバイスしてくれます。全く偉そうじゃ無いし、知識をひけらかすわけでも無い。私がこうしてみても良いですか?なんて聞くと、それ面白そう!ぜひやってみて結果教えてね!なんて言ってくれたりなんかして(こういうところ、松下幸之助みたいだなって思う)。先生と話していると、本当にこの分野や研究が好きなんだなとひしひしと伝わって来て、私も楽しくなります。

 

まぁ、そんなこんなで、他の生徒と比べると、化学に関する知識も技術も全然劣っているけれど、入学前の自分と比べるときっとちゃんと成長しているな、と感じながら自転車漕いで帰りました。

 

 

ラボワークがとりあえず今週までで、今はレポートの作成に勤しんでおります。

最近PC周りを充実させたので仕事が捗っています。

先月末の5000字レビューを書くときまで、PCスタンドもなく、マウスもなく。前期はなんとかこなしていたけど、今回は結晶の図や反応式、色々な表などを作ることも多く、死にそうになったので買いました。キーボードも。

元々はあんまりPCの作業って好きじゃなかったのですが、今はPCの前にいるのが楽しい。笑

 

レポートが終われば、試験です。あー、恐怖。

 

文系などの人たちは試験前か後の5月に帰国にする生徒も多いみたいですね。

まぁ、ここにいる必要がなければ帰って早く隔離を終えて就活するのが良いんだろうな。

試験が終わったら遊ぶ人も多いだろうし、コロナのことを考えると学校側が、滞在不必要な生徒には帰るように促しても良いんじゃ無いかと私は思いますがね・・。

まぁ、日々遊んでる私がいうのもなんですが笑。

 

 

そろそろ乾燥機が終わったかな。

では、また。

 

 

 

 

 

 

春遠からじ。

f:id:Lily_0620:20210330021834j:image
こんにちは。

 

日本では桜が綺麗なようですね。

友人たちから写真が送られてきて、ほっこりしました。

去年は帰国して東京のホテルで隔離中で、1日に一度のお散歩の時に見た桜がきれいで感動したなーなんて思い出しました。イギリスでみる桜も素敵ですがやっぱり日本でみる桜が一番素敵だと思います。

 

最近は、忙しいです。ラボワークだけでなく、プレゼン、エッセイ、報告書があって、授業も追いついてない・・今2週間のホリデー中ではありますが、とにかくやることが多い。

 

とはいえ、春。1日くらいどこか行きたい・・超絶新鮮な空気を吸いたい・・ということでレンタカーを借りてハイランドに行ってきました!

グレンコー 、グレンフィナン高架橋、ネス湖・・遠かった〜!10時間くらい運転したかな。

でも、その価値あるくらい楽しかったです。

止まりたいところで止まって休憩したり、湖畔でのんびり作ってきたランチを食べたり。

ハリーポッターで有名なグレンフィナン高架橋では丘を登ったり。

ネス湖ではネッシー(仮)を見てみんなで盛り上がりました。笑

 

旅行好きな私にとってはずっとどこにも行けないのはすごくすごくストレスフルだったので、かなり気分転換になりました〜。

夏にはNC500をぐるっとドライブしたいな!湖水地方とかも行きたい。まだまだ行きたいところ、やりたいこと、いっぱいある。

 

 

あとはー、その一日以外は、研究室に行ってますね。

そうだ、研究室の先輩と引っ越ししよう〜部屋借りよう〜っていう話をして、色々準備も進めて申請したりもしました。ケンブリッジにいたときもこういう手順で部屋を借りなかったので、なかなか新鮮。

部屋も綺麗で、何より海辺にあってバルコニーからの景色が最高で!!

集団感染とか起きないので今の寮よりも何倍も良い!

 

と、ワクワクしていたのですが、最後の最後に、他に申請していた人たちに決まってしまい・・泣

 

とりあえず今は他の部屋を探し中です。絶対来月中に引っ越したい。

でもあれ以上の部屋が見つかるかな〜なんて。

ロックダウンも落ち着くし、引っ越したら研究室のみんなで鍋パとBBQしようって話で今日も盛り上がって、早く引っ越したい欲あがる。

 

 

そんな感じですかね。

最近はオードリーのラジオ聴いてます。

ハライチとアルピーだけでは1週間持たなくて。笑

もともとオードリー好きなのですが、2時間のラジオ長いなって思って避けていて。でも聴き始めるとあっいう間で面白い。

あのBittersweet Sambaを聴くと大学受験の時によく聴いてたな〜って。

ああいう、変わらないものって良いなと思います。

 

そういえば、毎年近畿大学の卒業式の講演がYouTubeにあがるのを楽しみにしていて。

今年は楽天の三木谷さんでした。

これからは一流国とその他、に別れて、今のままでは日本は一流国には入れない。江戸時代に逆戻り。だから明治維新のようなワクワク感を持って挑戦してほしい。みたいな。何年か前の堀江さんも同じようなことを言っていたな、と思います。

こういう言葉って、”学生”しか経験していない22歳前後の人たちに響くのはなかなか難しと思いますが、世界標準で考えるっていうことは結構今の若い世代の人たちは意識している気がしますね。先日も語学じゃない正規留学(?)を考えているというケンブリッジで出会った子から連絡が来たりしました。

どうなるんでしょうね。私たちの世代はどうしてゆくべきなんでしょうね。なかなか色々考えちゃいました。

 

 

とはいえ、まずは卒業せねば。

とりあえずラジオを聴きながら、勉強に戻ります。ふふ

では。

 

 

 

3歩以上は駆け足で。

f:id:Lily_0620:20210304015250j:image

こんにちは。

 

3月!さんがつ。

暖かくなって来て、よく散歩してます。天気が良すぎるときは途中で走り出したくなる。

 

2月はあっという間だった。今までの人生で一番早く感じた2月でした。

特に理由は思い当たりません。

大学院生活も半年が過ぎ、残りちょうど半分。ふはー。

 

ということで、今人間関係整理中。半年間よく耐えた自分。

残りの半分は一緒に過ごしたい人たちとの時間や環境を作っていこうと思って。

人間関係を整理するときは少し後ろめたさも出ますが、

そんなときは「炭素も手が4本しかなくて、4つ以上は結合できないから・・」って考えてます。悪縁切らずして良縁なしですからね。

早速効果ありな雰囲気があっていい感じです。

 

 

あとは、前年の途中で帰国した学部生の日本人の子から先日連絡がきて。

連絡が来たことにはすごく嬉しかったのですが、内容が個人的にはちょっと衝撃的で、、色々考えさせられました。思い出しながら、後悔しかなかったです。力不足。

とはいえ、今はもうできることはないので、次に会えたら笑っていろんな話ができたらいいな。というか、年末に日本に帰っちゃった日本人のみんなに卒業前までにまた会いたいなーーー。

 

YMSでイギリスに来てから特に、若い子をもっとサポートできる人間になりたいなと考えていたのに、結局自分のことに精一杯になってしまっていて、歳だけとって無力だなぁとこの一件で痛感しました。これは今後の自分に託そう。

 

 

勉強面では、ラボワークにも慣れてできることも増え、授業も遅ればせながらついていき、課題もヒーヒーいいながらやってます。今学期は忙しい分、化学科の子たちと協力しながら(傷を舐め合いながら)頑張ってます。

 

 

就活は日本にいた時から働きたいと思っていた会社を1社だけ受けて、2次で落ちるという・・残念。ですが、意外と落ち込まず。あの会社が私を採らないなんてセンスなくてがっかり、くらいの気持ち。笑

まぁよく考えたら、YMSって私にとっては大きなマイルストーンですが、研究員としてはブランクと捉えられても仕方ないかな。でも私自身だけは絶対低く評価しないでおこう。ちょっと戦略を変えてみよう。

PhDもまだ吹っ切れたわけじゃないです。

色々あるけど、たぶん、なるようにしかならないのでフラフラしとこ。

 

 

そんなところですかね。

昨日ニュースで愛子さまの推しが、嵐では相葉ちゃんでジャニーズWESTでは重岡くんというのを見かけて、好みが一緒すぎて恐れ多い。笑

「これは経費で落ちません」の重岡くんは最高だったなぁ。

 

 

では。

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

まっさらな雪道に、足あとをつけて。

f:id:Lily_0620:20210209182447j:image

こんにちは。

 

マスク生活もあっという間に一年が経ちますね。

前まで懸念されがちだった黒マスクもすっかり定着して。

マスクは寒い日にも良い。最近ここでは雪が良く降ります。

研究室に行くときは比較的朝早いので、雪が積もっています。

景色がきれいで、キュッキュッて音を鳴らしながら歩くのが楽しい。

 

 

研究室、楽しいです。実験とかものつくりがやっぱり好き。

先生をはじめチームのみんな(美男美女!)も優しくて、良い感じです。

 

でも今PhDに行くべきなのか、就職するか迷って、とりあえず挑戦ってことで何社か応募してみたり。

1番働きたいところには今年は新卒もキャリアも採用しません、なんて言われてしまって、やっぱり厳しいんだなぁと痛感。

 

ついでにYMSの時にお世話になったエージェントの担当さんに連絡したら

ユリさんのことはすごくよく覚えていますなんて返事が来て、その後マネージャーさんからも電話がきた笑

「今日上がってきた名前を見て、すぐに思い出して電話したの!」って。嬉しい。

 

私はYMSビザだったことかつ経歴が事務や営業職ではないのでなかなか案件が紹介されず、応募しても通らず、、にも関わらず、このエージェントさんだけは本当に優しくいつも親身になってくれて。

就活もうまくいかずにしんどい精神状態の中、エージェントさんによっては(人によると思いますが)すごく冷たい対応されたり見下されたりすることも多かったので、ここだけは本当に信頼できるところでした。

 

マネージャーさんにその後どうしていたのかを聞かれたので、YMSの最後にケンブリッジの企業で働けたことや今は大学院に進学していることを説明したら、

「そう、なんか、たくましいわね!!良い案件を紹介できるように頑張るからこれからもよろしくね!」なんていわれて、単純に嬉しかった。笑 

私、人生も精神もこんなフラフラしてるのに”たくましい”なんて思ってもらえるのかー!って。しかも尊敬できる人に!!

 

 

とりあえず、いろいろ模索しながら考えていこう。

 

 

冬休み気分がなかなか抜けなかったけど、今週からなんだかパキッと変わった気がするのはまた前に進みはじめたからかな。

いや、新学期始まって3週目なんですけどね笑

 

 

最近、Ghost like girlfriendのBirthdyという曲をよく聴いていて。その歌詞の中に

”誰にも伝わらないことを いつまででも話をして

 思い出し笑いひとつで 抜け出せた夜がいくつもある”

っていうフレーズがあるんですが、これが、この冬休みの思い出にぴったりハマるんですよね。

このコロナ禍での、学生生活で一番長かった冬休み。

話しているうちにいつの間にか朝になっていた夜はたくさんあったし、思い出し笑いとかくだらない冗談とかで救われたこともたくさんありました。

いろいろあったけど、悪くなかったなーって。

そうやって、いつの間にかいろんな人とグッと距離が近くなって仲良くなれたからかな。

今日も学校までの行き帰りの途中で次々といろんな人に「ユリ〜!」って声かけられたりすると、なんか、私ここでちゃんと生活できてるな、ちゃんとここにいるんだなーって嬉しくなったり。

 

あ、あと、このフレーズの後に

”君に良いことばかりが 起きれば良いなと 心から”

って続くんですが、私にいってもらえている気がして。この曲を聴くと元気が出る。

 

 

最近の私はそんな感じで、まとめ方が難しくなっちゃったけど笑、

今週は旧正月にバレンタイン!勉強も!頑張ります!!

 

良いことばかりが起こりますように。

 

 

では。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

雪とケーキとシャンソンと。

f:id:Lily_0620:20210115213450j:image

こんにちは。

 

年が明けて、この海沿いの街でもようやく雪が積もり、PhDの申請を終え、誕生日が過ぎ、ラボワークが(在宅で)始まり、課題資料に着手し始め・・

冬休み気分を少しずつ切り替えて、着々と授業再開への準備を始めています。

 

前回の投稿から10日程ですか。

とても濃厚な10日間でした。うん、とても。

 

とりあえず、PhDについては、1コースのみ出願することにしました。

合格者は5人のみ、特にEU圏外の学生には厳しいということでしたが、それだけの魅力があることも確かで。

すでに紆余曲折な人生を得てここにいるので、このままストレートに行く必要があるわけでもなく。むしろ何が起こるかわからないこの人生を、直感的に生きて楽しむ方にシフトしてゆこうというわけです。これが30代の余裕。(違う。笑)

 

 

誕生日の前日は本当にいろんなことがあって、ちょっとまだその動揺というか感情から抜け出せていないのですが、夜にPre-誕生日ケーキ(笑)を食べていたときに雪が・・!!

あっという間に積もり、ケーキどころではなくなったのでそそくさと食べ終えて笑、みんなで外へ。

私の語彙力ではうまく伝えられないのですが、すっごく綺麗でした。特に空を見上げた時、夜の雪ってこんなに幻想的なんだなって。

せっかくだからお城の方に行きたい!と誰かが言い始め街へ向かい、その道中に突然雪合戦を始めたり、写真をいっぱい撮ったり、途中のお店でお酒を買おうとしたら断られて、どこかで上がり始めた花火を見て・・そんなことしていたらいつの間にか雪は溶けてしまっていて何しに来たんだー!って大爆笑したり。

寒い寒いと凍った道路に足を取られながら帰り、23時を過ぎていたにも関わらず、みんなで餃子を食べてワインを飲んで・・そんなことしてたら日付が変わって誕生日になって、何度も何度も乾杯してそのまま朝まで過ごしました。楽しかったです。

あの日にどん底に浸ることなく楽しく過ごせたのは、本当によかった。

 

そうだ。街に向かって歩いてるときに、唯一事情を知る1人が、誕生日について色々話をしてくれた後に、誕生日のメッセージとしてこの言葉を送ります、「Stay Strong, Be Happy」なんていうものだから、大笑いつつも少しエモーショナルな気分にもなったな。

 

雪が降っているとなんだか少し、全ての時間がゆっくり流れているように感じたあの日は、ここでの特別な思い出の1日になりました。

 

 

そんな誕生日は朝から両親と電話して(また)大泣きするところから始まり笑、

その後はいつもの寮のメンバー、その次の日も同学科のメンバーにお祝いして頂き、美味しいごはんと美味しいケーキ、たくさんのお酒を飲んで、手持ち花火までして・・とてもとても幸せな時間を素敵な人たちに囲まれて過ごすことができました。たくさんLINEやメッセージももらって、こんなにたくさんの人にお祝いしてもらえるなんて、改めて、本当に人に恵まれた人生だなって。

お祝いしてもらっているときに嬉しくなって、こんな風にお祝いしてくれて本当にありがとうねって伝えたら、「みんなユリのこと大好きだから!!」っていってくれたことに感動しました。私もさらりとそういうことを言える人間になろう。

 

 

そんなところですかね。

この歳はどんな年になるんでしょうか。ケーキのろうそくを消す時に「Make α wish, Yuri!!」と言われ、慌てて心の中でお願いしたあの願いがきっときっと叶うと信じて。

そして、年齢にとらわれずに、今まででこの歳が1番楽しい〜って言えるような、さらに素敵な歳にしてゆこうと思います。

 

 

とりあえず、NetflixでみたEmily in Parisの影響で、最近の気分はパリジェンヌなのでなんだか毎日Happyです。笑

 

では。