憧れの英国生活*

YMS2017後期 @Cambridge / 英大学院 MSc @St. Andrews

3歩以上は駆け足で。

f:id:Lily_0620:20210304015250j:image

こんにちは。

 

3月!さんがつ。

暖かくなって来て、よく散歩してます。天気が良すぎるときは途中で走り出したくなる。

 

2月はあっという間だった。今までの人生で一番早く感じた2月でした。

特に理由は思い当たりません。

大学院生活も半年が過ぎ、残りちょうど半分。ふはー。

 

ということで、今人間関係整理中。半年間よく耐えた自分。

残りの半分は一緒に過ごしたい人たちとの時間や環境を作っていこうと思って。

人間関係を整理するときは少し後ろめたさも出ますが、

そんなときは「炭素も手が4本しかなくて、4つ以上は結合できないから・・」って考えてます。悪縁切らずして良縁なしですからね。

早速効果ありな雰囲気があっていい感じです。

 

 

あとは、前年の途中で帰国した学部生の日本人の子から先日連絡がきて。

連絡が来たことにはすごく嬉しかったのですが、内容が個人的にはちょっと衝撃的で、、色々考えさせられました。思い出しながら、後悔しかなかったです。力不足。

とはいえ、今はもうできることはないので、次に会えたら笑っていろんな話ができたらいいな。というか、年末に日本に帰っちゃった日本人のみんなに卒業前までにまた会いたいなーーー。

 

YMSでイギリスに来てから特に、若い子をもっとサポートできる人間になりたいなと考えていたのに、結局自分のことに精一杯になってしまっていて、歳だけとって無力だなぁとこの一件で痛感しました。これは今後の自分に託そう。

 

 

勉強面では、ラボワークにも慣れてできることも増え、授業も遅ればせながらついていき、課題もヒーヒーいいながらやってます。今学期は忙しい分、化学科の子たちと協力しながら(傷を舐め合いながら)頑張ってます。

 

 

就活は日本にいた時から働きたいと思っていた会社を1社だけ受けて、2次で落ちるという・・残念。ですが、意外と落ち込まず。あの会社が私を採らないなんてセンスなくてがっかり、くらいの気持ち。笑

まぁよく考えたら、YMSって私にとっては大きなマイルストーンですが、研究員としてはブランクと捉えられても仕方ないかな。でも私自身だけは絶対低く評価しないでおこう。ちょっと戦略を変えてみよう。

PhDもまだ吹っ切れたわけじゃないです。

色々あるけど、たぶん、なるようにしかならないのでフラフラしとこ。

 

 

そんなところですかね。

昨日ニュースで愛子さまの推しが、嵐では相葉ちゃんでジャニーズWESTでは重岡くんというのを見かけて、好みが一緒すぎて恐れ多い。笑

「これは経費で落ちません」の重岡くんは最高だったなぁ。

 

 

では。

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村