憧れの英国生活*

YMS2017後期 @Cambridge / 英大学院 MSc @St. Andrews

良き結び目も数えきれぬ、と。

f:id:Lily_0620:20210104092725j:image

 

明けましておめでとうございます。

 

昨年内にもう一度更新を・・と思っていましたが、

思っていたより日々充実し(すぎ)ていて、PCを開きませんでした。笑

 

試験終了から、本を読んだりしてゆっくりする予定が・・

ほぼ毎日明け方までお酒を飲み、しゃべり続け、お昼過ぎまで寝て、またお酒を飲み・・という、学生ならではの生活を送っておりました。

クリスマス前からお正月までは本当に忙しかった。ほぼ毎日何かしらイベントに誘ってもらい、ご馳走になる代わりに大量にお皿洗いすぎて手荒れが酷くなり、見兼ねた友人が食洗機の洗剤買ってくれたくらい。

お正月2日目からはやっと落ち着き、疲れすぎてベッドから動けませんでした。明日からまたちょこちょこ予定が入っているので、生活管理をしっかりしないとなぁなんて、なんとも贅沢な悩みです。

 

晦日の朝は嵐ファンの友人らと一緒に嵐の生配信ライブを観て、紅白もちょこっと観て過ごしました。かっこいい〜!!って散々騒いだ後、最後はみんなで泣くという、慌ただしい時間でした。笑 

いやー、かっこよかった。中高生の時に嵐の大ファンで、そのころの曲もたくさん歌ってくれたのが嬉しかったな。大学生になった後は大学内の男子学生らのイケメンレベル高かったため次第に気持ちは薄れていきましたが、嵐はどこか特別に好きだったと思います。仲が良いし、観ていて楽しかったからかな。活動休止は淋しいですが、また再開した時は一緒にコンサートいこうねと一緒に見ていた友人と話しながら。何年後かわからないけど、楽しみ。今、毎日嵐の曲を聴いています。

 

その後の年越しは、同じ寮に残った友人たちと。

もはや同じフラットでしょってくらいほぼ毎日一緒にいる。笑

年越しの瞬間は、なぜか台湾の101の花火をキッチンのテレビに映してみんなでスパークリングワインで乾杯するという。その後も台湾版紅白のようなものをひたすら見続けたり喋ったり。そしてそのまま朝になり、みんなで海に行って初日の出をみました。

楽しかったので、今でもずっと写真を見返してしまう。良い一年になりそうなスタート。

 

 

そうだ、年末年始に両親と電話する機会がありました。

相変わらず父の言葉は優しくて泣けてくるし、母は明るくぶっ飛んでました。いつも相談なんてあまりしないのですが、ちょっと愚痴が溢れてしまったタイミングで久しぶりに親の前で泣いてしまい、30歳になっても自分はまだまだ子どもだなと痛感。(途中で愛犬も心配したのか入ってきたのも嬉しかった。)

「いやー、ちょっと浮いててさ、」なんて言った時に「えー!何言ってるのよー浮いた存在がいいのよ〜!!気にしないでどんどん浮きなさい〜」なんていう親はうちくらいかと。

父も母も基本的に前向きなのでいつも助けられています。博士までとったらもう一度親孝行しよう。

 

年始は挨拶は、たまたま実家にいた兄の家族とも。

テレビ電話にびっくりした姪っ子が泣いてしまったのが少し淋しかった。昨夏にたくさん遊んだのでそれを思い出して泣いていると説明する兄に、「そっか、、兄さんも泣いていいんだよ?」というと「そこまでの感受性はあいにく持ち合わせていない」とのお言葉をしっかり頂戴し、挨拶は終了しました。そんな、うちの家族はやはり一際絆が強いように感じた、2020-2021年でした。

 

2020年は総じて良い年だったと思います。

2年暮らしたケンブリッジでの生活は3月に終了、4−8月は日本で鋭気を養い、8月末からこちらへ。これだけ大きく環境が変化したので、もちろん細かくいえば色々ありましたが、どこにいてもいつも周りの人に支えていただき、なんとか乗り切ることができました。今年はきっと少し余裕も出てくると思うので、私も周りのために動いてゆこうと思います!

 

 

さて、とりあえずPhDの申請準備が佳境です。Supervisorの先生には無事に推薦状を書いて頂けそうです。卒論に向けて論文も読み始めました。

学生の本分は何と言っても勉強ですからね。目標に向かって頑張ります。

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

では。

 

 

 

 

 

 

至らざるところなし。

f:id:Lily_0620:20201219090106j:image


こんにちは。

 

1日から始めたLindtのチョコアドベントカレンダー

毎朝一つずつ開けていますが、気づけば残りわずかとなってきました。

寮の敷地内を歩いているとキッチンにクリスマスのツリーや装飾をしているフラットもあって上を見上げて歩いちゃうし、スーパーまでの道のりも色んな家のクリスマスライトが素敵でつい遠回りしちゃう。華やかな時期です。

 

 

そんな私は昨日、ようやく1学期目の試験が終わりました。

1つ目の試験が一番勉強して理解していたつもりが全然できなくて(悔しいくらい解けなくて)、これではいけない!と残りの試験勉強方法を変えるためにその後の試験週間は睡眠時間をとにかく削るしかなく、内3回くらいは貫徹する羽目に。

最後の試験の前日、夜中の3時くらいにふと自分の顔を鏡で見たときは自分でも引くくらい気持ち悪かった。自分の顔とは思えなかった。頑張った。

 

そんなこんなで、残り2つは少なくともどうにかなったかな、と思います。

試験って、やっぱりしんどい。でも、勉強は楽しかった。・・1学期、あっという間だったなぁ。2学期はもっともっともーっと頑張ります。

 

 

これから冬休みー!1ヶ月ー!!って思っていたのですが、衝撃の事実が。

研究室での実験が年明け5日(仮)から始まるみたいです。

コロナによる研究室の人数制限の関係上、シフト制なので前倒しで開始できるそう。

スーパーバイザーの先生に相談した時に「いつから始めたい?」と聞かれ、「最速で」と答えた結果なので文句は言えません。

冬休みが短くなったのは残念ですが、やっぱり、実験できるのはとても楽しみ。わくわくする。

 

 

冬休み第1日目の今日は、とりあえずゆっくり起きて、プリントに埋もれた机や部屋を片付けて、2週間ぶりにメイクをして、一緒に勉強していた化学科の友人たちとごはんを食べたりゲームをしたりして遊びました。みんな試験明けだったこともあり、明るくとても楽しい時間を過ごすことができました。

明日はお出かけ予定、明後日は鍋パ。最近色んなところに友人が増えて嬉しい。ほぼ毎日私の部屋にくる近所の友人もいる。笑

 

やっぱり、依存先を増やすと生きやすいな、と思います。

一時期色々あって部屋にすら居たくないくらい辛いときがあって。ケンブリッジの友人に「聞いてくださいよ〜」って軽く明るい感じで話した時にすごく温かい言葉をかけてもらえてポジティブな自信をつけてもらいました。(こんな素敵な友人がいて良かった〜っと、結局途中から号泣するという。) 

それをきっかけに外に外に、と目を向けていたら色んな縁があって、今、です。

留学の1年なんてあっという間ですからね。楽しまないと!研究室の人たちとも仲良くなれたらいいな〜!

 

この冬休み、ずっと楽しみにしていたケンブリッジへは先方の都合で急遽行けなくなりましたが、おかげで冬休みもここで楽しめそう。他にももちろんラボワークの準備もあるし、課題もあるし、YMSつながりの友人と旅行の計画もある。

遊びも勉強もヨガも全力で、忙しくしておこうと思います。小人閑居して不善をなす、っていいますもんね。笑

とりあえずやりたいことは明日色々決めちゃおう。

 

 

年内にもう一回更新する、かも?

では、良いクリスマスを。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村

 

85%チョコレートは、その苦さがクセになる。

f:id:Lily_0620:20201123012428j:image

こんにちは。

 

最近アクセス数が多くて嬉しいのでちょっと更新頻度をあげてみようかなって。

竹野内豊効果かしら。

 

今年も残り僅かですね。

私はSNSで勝手におすすめされてくるクリスマスコフレをチェックしている日々です。可愛い。派生して、気付けばケリーバックとバーキンの手に入れ方も調べてました。(いつか・・いつか、この情報が役に立つはず・・笑)

 

そんなこんなでここ数日、日本の紅葉の写真もちらほら見かけます。

こちらの紅葉も素敵でしたが、日本の紅葉もやっぱり素敵。

写真と御朱印集めが好きで、何年か前に季節毎に京都にいったことがあります。

哲学の道の桜も、四条の祇園祭もとても綺麗で楽しかったですが、やはり私は紅葉の時期が一番好きでした。

「そうだ、京都行こう」の写真のロケ地と聞いて山科の毘沙門堂に行った時、中を案内してくださった若い修行中と思われるお坊さんのお話で、心がとても軽くなったあの時の感動は今でも忘れられません。今思えば一つの転機だったのかも。

帰国したらまた京都にぶらり旅に行きたいな。

 

最近は試験前で授業がせわしなく、また、課題なんかもあったりして。

なんだか毎日やることが多いばかりに何から手をつけたらいいのか悩んで、あれもこれもと全てが中途半端になり、時間だけが過ぎていく恐怖。

 

気付けばこの1週間ほぼコーヒーとミントとチョコレートしか食べていない。

でも日曜日だし、ということでちょっと息抜きに手元にある本を読もうかと。

 

最近友人におすすめしてもらったイシグロカズオさんの小説「日の名残り」をkindleで買ったまま余り読み進めていなかったので、続きを読もうかなと思った時、

ふと、思い出して。

 

社会人になってから渡部昇一さんのお話が好きでよく読んでいて、その話を父にした時に、父も社会人になった時によく読んでいたと聞いて、あ、親子だ。ってちょっと嬉しかったことを。

 

ということで、久しぶりに渡部昇一さんから学ばせてもらおうと。

とりあえず「運の引き寄せ方」なんて、OL女子が好きそうな題を迷わずチョイス。

内容は幸田露伴さんの「努力論」に関するお話でした。

”惜福” ”分福” ”植福”・・

五重塔」もろくに読んだことありませんが、渡部さんの紹介する「努力論」のお話はなかなか面白く、冬休みに読んでみようかな。(Kindleにあれば。)

 

冬休みはもうケンブリッジで丸々のんびり過ごしちゃおうかな〜!なんて目論見中。

そしたら落ち着いて勉強もできるし、ホストファミリーの両親は2人とも科学者だし(子どもも化学専門の高校)、議論好きだし、毎日話することでいいアイデアが生まれそうな気がする。

あと結構周りがみんな帰国するので、私も日本に帰るのもアリな気がしたり。

最近帰国した子から、コートもいらないくらい暖かいですよ!って連絡が来てうらやましい限り。

 

・・まあ、いろんなことは、試験が終わってから考えよう。

 

成功の秘訣って「VW」らしいですよ。

フォルクスワーゲン?って思いますよね。私もそう思いました、「BMW」じゃダメなのかって。

"Vision"と"Work hard"らしいです。今日一番の驚きでした。

ということで、このままPCの前でまだVisionの見えていないエッセイを仕上げます。

 

では。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村

 

寒い寒いっていいながら外を歩くのも、嫌いじゃない。

f:id:Lily_0620:20201110022225j:image

こんにちは。

 

スコットランドはもう冬まっしぐら。

部屋でも手がかじかんで、ペンが持てないので勉強できません。(大ウソ)

 

そんな中コラムをぐるぐる読み漁っていた時にアイスランドの写真が目に入ってしまい、旅行に行きたーーーーーーい。という気持ちでいっぱいです。

 

コロナなんて無視して行っちゃおうかな。と考え始め、航空券をチラチラ調べ始めています。

アイスランドスウェーデンもまた行きたいし、唯一行けていないフィンランドも行きたい。北欧ばかり頭に浮かぶのはやっぱり冬だからかな。マルタ島とかの方が暖かいかも。

あと12月中旬には、1月半くらいの冬休みが始まるので、ちょっと本気で考えてみようかな。

 

あ、先日ケンブリッジのホストファミリーから、クリスマスこっちにおいでって連絡がありました。はー、もう大好き。って思ってイエス!!って即答。またあの家族とクリスマスを過ごすことができるなんて楽しみ。

それまでにロックダウンが解除されるといいな。そしたら、ケンブリッジとロンドンの友人たちにも片っ端から会いたいな。

 

先日、イギリスの大学休学中の韓国の友人からロックダウンを心配した連絡がきて。

ついでに最初はお互いの近況報告や悩みについていつものように話していましたが、

その子は本当に熱心なクリスチャンで、中高(大?)にカトリック系の学校に通っていた私は、興味本位と薄っぺらい知識で聖書についていくつか聞いてみたら、すごく熱心に教えてくれました。通話時間は3時間を超えていたと思います。笑

途中で、ついて行けなくなったので、なんでそんなに詳しいの?って聞いたら、この休学中はいろんな本を読んでいろんな勉強をしているそう。(日本の歴史の本も読んでいて、私より詳しかった笑)

そして、毎日お祈りの中で、誰かと聖書とか神様について話をしたいってお願いしていたようで、そのタイミングに私と話す機会があったからってすごく喜んでくれたのが印象的でした。ずっとこんな話ができる友人が欲しかったって言われたときは、そんな風に言ってもらえる存在になれて私も嬉しいな〜って素直に思いました。

そして今日、可愛い靴下(彼女は靴のデザインの勉強中!)や雑貨、お菓子などを韓国からわざわざ送ってくれて、そこに入っていた分厚いお手紙もすごくすごく温かくって、語学学校に行ってた時のこととか、IELTSの勉強にたくさん付き合ってもらっていたこととか、いろんなことを思い出しながら、嬉しくって泣けちゃいましたね。

今は、お返しに何を贈ろうかな〜何書こうかな〜って考えている、ちょっと楽しい時間です。

 

大人になるにつれて、恵まれていることに気づいたり感謝を感じる機会は多くなったけど、

しあわせってどんな時に感じるんだろう・・というのが今最近の考え事で。口で言うのは簡単だけど、え、そもそもしあわせってなんだっけ、どんなものだっけ、みたいな。考えすぎてこじらせてる。笑

これは哲学科のフラットメイトに聞いてみようかな。面白い返事が返ってきそう。

 

考えすぎといえば、一昨日他の友人と話していた時に、私が些細なことでも結構引きずって考えていることに友人がドン引きして、

もうあれだね、ユリは察してくれて「そうだね、そうだね」っていってどーーーんと構えている大人な40歳くらいの男の人と結婚するのがいいと思う、阿部寛とか竹野内豊とかって言われて。なるほどって思ったけど、そんな女心のわかる素敵な人だったらきっともう結婚してるでしょって言って、竹野内豊はまだじゃん!!ってなって、大笑いして終わった。結局なんだか高校生みたいな会話だったけど、30歳になっても中身はこんなもんなんですよね。16歳の時はこんな未来になるなんて思わなかったけど、別に悪くないし、むしろ楽しいかも。

 

 

そんなこんなで、この間は落ち込んでいたけど、今日は嬉しかったから、書いてみました。

最近、自分で自分に失望するくらい勉強に身が入らなくって、これから試験に向けて地獄を見そうな気がするので今週あたりからちゃんと”計画的に”やっていこうと思います。

 

 

では。

 

 

 

イギリスの人参は甘くて美味しい。

f:id:Lily_0620:20201022180851j:image

こんにちは。

 

もう10月も22日経ってる〜!!

今週の大学は”Independent Learning Week"という自習期間です。

常々、この期間に色々やろう〜っと課題などを溜めていたのですが、全然進んでいません。

 

・・最初に言っておきます。今日のブログはちょっと愚痴モードです!

 

正直、やる気が出ず、疲れが出てきました。

日本の大学のGW明けみたいな?

こちらにきてから、モチベーションもあったしそれなりに楽しんでいたけど、なんだか、ぐたっと。

 

授業の復習とか一生懸命やって追いついたつもりでも、問題を解くとわからなかったり、、

この間同じコースの子たちと問題の答えについてディスカッションする機会がありましたが、ついていけなけなくて、かなり落ち込みました。同じ授業を受けているのに・・。

理解できていて発言できないとかじゃないので、、はぁ。

 

あと、人間関係もなんだかなぁという感じ。

フラットメイトたちとの関係も良好を保っているけど、若いし、なんていうか、たまに出る、結局は世間知らずの恵まれた子供達で、適当にあしらうのも面倒臭くなってきた。

日本人も、みんないい人たちでフレンドリーで話せば楽しいけど、そのあとドッと疲れてる。日本人ってあんまり仲良くなると面倒臭いというかこちらのエネルギーを吸い取られるというか、、を散々経験済みだけど、やっぱりなんか適当には付き合いたくないし頼まれたら断れないし、難しいところ。

ずっと笑顔でいるのがしんどい時もある。

 

いつもなら旅行とかで完全に1人になる機会も作れるんだけどなーなんて。

泣いたってしょうがないけど泣きたくなったり。

 

今は、週一のオンラインヨガが唯一の楽しみと癒しです。

 

 

でも、良いこともあったな。

 

頭の片隅にあって放置していたPhDコース(未定)について、ケンブリッジで知り合った日本人の友人と毎週のように電話をしているついでに相談してみたら、「今動かないと!」って言って経験とアドバイスをもらい、(未定って言ってるのにも関わらず)私がイギリスに残る可能性が!って喜んでいました。笑

 

同じ大学の他の学科の日本人のPhD生に相談したら、すごく親身になってくれて、すぐに私と同じ学科のPhD生を紹介してくれました。

オンラインで3人でミーティングしたのですが、その人も本当に親切な人で、すごくすごく色々調べてくれて、明確なアドバイスをたくさん頂きました。(未定って言ってるのにも関わらず)

 

顧問の先生も、課題の相談がてら少し話をしたらすぐにPhD応募担当の先生に連絡をしてくれて、また来週話し合おうって。

 

とにかく言われることは、インターナショナルPhD生の一番のネックはお金で。UKやEU,中国はたくさん奨学金があるけど、日本は本当に狭い。ので、頑張って探します。

 

 

やっぱり、イギリスは本当に親切な人と出会う機会が多いです。

期待に応えられるかな、とか、どう恩返ししたら良いのかなって落ち込み悩むくらい。

これは永遠の課題だな。ゆっくりゆっくり、返していこう。

 

 

あ、書いていたら思い出した。

今すごく、日々の勉強とか課題とか人間関係とか、足元しか見てなかったなって。

それだけでいっぱいいっぱいになって、全部放り出したくなるけど(私の習性です)、

でも、よく考えたら、この留学は、未来の自分への投資なんですよね。

 

今年日本に一時帰国した時に、宇宙飛行士の山崎直子さんのエッセイのようなものを読んでいた時、ふと心に残った言葉があって。その時は良い言葉だな〜って思ったくらいでしたが、今の私の心にバシッとハマります。

 

「人生は長い航海です。近くの波がアップダウンしてしまっても、遠くの水平線を眺めていればその酔いは治るものです。」

 

 

今日この言葉を思いだせて良かった。

ということで、なんだか、ブログを書くって考えがまとまったり気分転換になるので良いですね。笑

 

今日からまた、頑張ります!!

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋中毛だらけ、猫はいません。

f:id:Lily_0620:20200926185805j:image

こんにちは。

日本はまだ残暑厳しい季節でしょうか。

こちらはもう紅葉が始まっています。素敵です。

 

朝晩寒くなって来たので、イギリスの格安ファストファッションブランド、PRIMARKで毛布(大きなブランケット)を買いました。

あったかくてしあわせ〜と思ったのもつかの間、毛がそこら中に・・

私の服は黒が多いので目立つ・・。もう、よく見る毛玉レベルじゃないんですよ。

毛布ももう2回選択しましたが、手強い。

毎朝、ため息をつきながらちまちま取ってはみるのですが、なかなか。。

ベッドも服も、部屋中毛だらけで、毛布鬱。

今日はコロコロを探す旅に出ようかな。

 

 

イギリスのコロナ感染者数は4月のMAX時と並んでいます。

スコットランドでもクラスターが大学を中心に起きており、私の大学でも起きています。

私の大学は新入生の40人規模のパーティーが原因のようで、ニュースにも取り上げられていました。主催した学生たちは強制退学済みのようです・・。まあ、集まりは6人までという政府の決まりがあったので仕方ないですが。

 

それ以降、毎日のように学長からくるメール。どんどん規制が厳しくなり、先週末から不必要に外に出るのや他の寮生やフラットの生徒との交流は難しくなりました。

幸い、私のフラットメイトは仲がいいのであまり寂しい思いをせずに済んでいます。(みんなでご飯を食べながら「愛の不時着」見てる。内容も面白いし、ヒョンビンがかっこよすぎて、勉強が手につかない。笑)

 

そして先日、グラスゴー大学でもっと大規模なクラスター?が発生したようで、それに伴い、学長のメールも少し安心したかのような内容でした。

これからどうなるんだろうな〜とは思いつつ、起きて5分で開始できるOnline授業も慣れると悪くないなって。録画を何回でも見られるし、速度も変えられるし、自動翻訳なんかも字幕で出てくるし。

 

こういうのも含めて、コロナ様々なことって多いですよね。

一時帰国から始めたオンラインヨガも続けられているし、この間はハライチのライブが配信もされるということでリアルタイムで観れちゃいましたし。

旅行なんかはまだまだ出来ないし、人によってはすごく神経質な人もいたりで難しいこともありますが、結構楽しめている私です。

 

 

そんな感じですかね。

授業は本当に難しくて、1時間の授業のために5時間の復習を要しています。それに加えて論文やエッセイなんかの課題もあるので、やらないといけないことがどんどん後ろに溜まって行く・・。歳もあるのか、正直、結構しんどいです。

もうちょっと要領良くなるといいな〜。

部屋の窓を開けるときなんかに、寮の向かいの建物に住んでいる人が少し見えてしまうんですが、彼(彼女?)は休みの日もいつも朝から机に向かっています。マネキンかなって思う。

みんな必死に勉強しているんだなと思うと、刺激を受けますね。

 

ってことで、今日は土曜日ですがちょっと息抜きしつつ、勉強頑張ります〜。

 

以上、近況でした。

では。

 

 

 

あ、Pre-sessionalコースは無事通過しました!

試験内容はエッセイ2000字、プレゼン3分、VIVA(口頭試問)5分でした。

15段階中、理系はOverall 7あれば通過できるのですが、私はOverall 12.8(内、エッセイは14!)というOverall 11必要な文系に匹敵する予想外の高得点!結果、文系のフラットメイトたちよりスコアが良く、私の英語を散々、「何言ってるかわからない」とバカにしていましたが、それ以降はバカにしなくなりました。(あ、仲良いですよ!笑)

伝わらなくても自信をなくすのではなく、聞き取れないそっちが悪いんじゃない?スタンスでいこうと思います。笑

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び、イギリスに。

f:id:Lily_0620:20200830032327j:image

こんにちは。

 

前回ビザ申請について書いたところで終わっていましたが、あれから5週間、パスポートが返ってくる日を来る日も来る日も待ち続け・・

ついに、先週末、イギリスに戻ってきました〜!

 

長かった。日本にいたのは5ヶ月くらいかな。

よく5ヶ月もニートできたなって思います。ずっと犬とゴロゴロしてた。

ファミマのわらび餅フラッペが恋しい。

 

今は、大学の寮でPre-sessionalコースに参加中です。

コースは8月上旬から始まり、日本からオンラインで参加していました。時差はありましたが、プリンターとかある分、快適でした。

こちらにきて対面授業に切り替えてもいいよって言われましたが、もうオンラインで慣れてきたところだったのでそのままオンラインで。

寒かったり雨だったり風が強かったりなのでオンラインにしておいてよかったです。

友人が言っていましたが、イギリスの夏は、本当に儚い。

 

寮は、街から遠く、一番近いスーパーは片道20分。学校挟んで向こう側。

部屋も4階(エレベーターなし)。課題もたくさん。

ということで、1週目はゆで卵と草を食べて過ごしていました。

昨日大きなスーパーへ買い物に行き、今は冷蔵庫の中が潤っていて、三食しっかりしっっっかり食べています。あと、フルーツ。フルーツが安くて美味しいのはイギリスのいいところ。

 

キッチンのみをシェアするフラットメイトは私を含めて5人。女性3人と男性2人です。

男性1人はまだ到着していませんが、全員アジア人。。これは学校側の計らいなのか・・?

どうせならいろんな国の人と交流したかったな〜なんて思いつつ。

でもみんな明るいので毎日楽しく過ごしています。課題について相談に乗ってもらったりね。へへ

 

朝は、カモメの声で起きます。

その声を聞いたときに、年明けにここに来た時のことを思い出しました。

 

コロナの影響で足踏みしているような感覚でしたが、着実に時間は進んでいますね。

 

 

今週はPreーsessinalコース最終週でハイライトです。これに合格しなければ。

うまくいけば、来週からメインコース。不安と、ワクワクと。

 

 

そんなこんなで、これからはイギリス大学院生活ブログを始めます!

よろしくどうぞ。